勤怠管理

勤怠管理オルカの勤怠管理は、単なるタイムカード機能に留まりません。各種の勤怠届や毎月の締め処理集計にまで対応しますので、勤怠管理業務全般の効率化が図れます。
お弁当の注文受付や月次の金額集計まで可能です。

就労実績は、日々の打刻や勤怠届の内容に応じて自動で計算処理されるので、総務担当者の手を煩わせません。
月次の実績集計作業は一切必要なくなり、計算ミスや入力ミスも防げます。
総務担当者は、月締め処理後の実績データをCSVファイルで出力し、給与計算ソフトに受け渡すだけでOKです。

内容は複雑なシステムですが、総務担当者の方などが馴染みやすいインターフェースデザインを採用し、最大限、運用障壁を低減しています。

 

毎月のシフトの作成画面です。シフトの作成は、各部門のマネージャ権限者(上長)か、勤怠管理の特権ユーザ(総務担当者)が行えます。
基本は、「基本シフトの一括入力」ボタンを押すだけ。これで、あらかじめユーザごとに設定しておいた基本の勤務シフト(就労条件に基づく勤務シフト)を一括アサインできます。もし、日付によって調整を行う必要があれば、対象の日付マスをチェックし、アサインしたい任意のシフトボタンをクリックするだけです。

 

一般ユーザは、自分やグループメンバーに割り当てられた勤務シフトを、いつでもどこにいても、気軽に確認することができます。

 

オルカに、ひとり1台のPCは不要。全キャリア携帯端末、iPhone、Androidのすべてに対応していますので、お客様のIT環境に応じた運用インターフェースから、システムをご利用いただけます。

 

『Felica de Orca』打刻アプリケーションを使うことで、Felica携帯やSuicaやPASMOなどのFelica搭載カードからのワンタッチ打刻も可能。
Felica打刻

 

更には、対応するスマートフォンからの打刻時には、位置情報までを取得、記録し、Googleマップで表示。すべてのスタッフに公平な勤怠管理システムで、外勤スタッフの勤怠モラルを維持します。

 

当然、各種の勤怠届の作成および申請操作も端末を選びません。もちろん、上長による承認、却下操作も。
勤怠届

 

勤怠実績表画面(一般ユーザ表示時のサンプル)。日々の打刻と勤怠届の運用によって、各日の就労実績は自動で計算され、記録されてゆきます。
どこかで見たことある馴染みのレイアウトですね?勤怠実績表には、ユーザの毎月の勤怠実績を表示します。

 

勤怠管理の特権ユーザ(総務担当者)は、勤怠の締日に月締め処理を実行してください。該当月の全ユーザの就労実績を集計し、御社の給与計算システムにあわせて定義したCSVファイルを出力します。
あとは御社の給与計算ソフトに、出力したCSVファイルを取り込むだけです!

 

勤怠管理をより厳正に実施するための仕組みも万全。IPアドレスによる打刻制限や携帯からの打刻の許可/不許可も、部門別に設定可能。
その他、御社の運用環境に合わせた、様々な運用設定が行えます。

 

労基法において、勤務記録の保存年限は3年と定められています。オルカASPサービスでは、勤怠管理に関する情報のみでなく、あらゆるお客様の取り扱い情報について、当然のことながら、日々バックアップを行うなど常に厳重に保管管理しています。
そして必要あれば、お客様ご自身が、これらの情報をいつでも好きなときにCSVファイルで取り出すことができます。
それは、毎月の締め日に出力する集計結果のCSVデータのみでなく、すべての勤怠実績表の内容や、扱われた各種の勤怠届も然りです。
安心して、オルカの機能をご利用いただければと思います。
 
オルカの勤怠管理システムに関する資料がダウンロード可能ですので、是非そちらもあわせてご覧ください。
資料ダウンロード »

 
固定労働時間制(通常の労働時間制)のみへの対応となります。変形労働時間制やフレックスタイム制の場合の法定実績の自動計算には対応しておりません。この場合、手動での管理を行うか、タイムカード機能のみの運用となります。
有休休暇の残日数の管理は行えません。オルカでは、発生実績の集計のみを行います。残日数については、給与計算ソフト側にて管理してください。
同日内、複数回の出退勤には対応しておりません(外出は複数回可能)。

 
その他、細部仕様や運用フローの詳細については、弊社担当営業までお気軽にお問い合せください。
運用規模やご希望の運用内容によって、システムのカスタマイズを要する場合がございます。
フレックスタイム制や変則労働時間制、御社独自の就業規則や運用フローへの対応についても、カスタマイズにて対応可能な場合がございますので、お気軽にご相談ください。

 
機能一覧に戻る »