たとえばひとつ、こんな仕組み。

最もシンプルなユーザは、日常、スケジュール画面にアクセスするだけです。
出先から帰社したら、本日対応を完了した予定をクリックします。

 
クリックした予定の報告入力画面が表示されるので、今回の実績を入力します。この時、関連の次回予定があれば、あわせて入力します。
報告を終えた予定は消化表示され、次回の予定が新たに表示されます。

 
日常、予定入力と実績報告の操作を繰り返すことで、関連の取引先マスタや営業案件マスタに、対応の記録が蓄積されてゆきます。
蓄積された対応記録は、任意のユーザ間で共有し、いつでも閲覧できます。

 
スタッフが入力する日々の報告内容は、日報形式で上長の元に届きます。届いたら通知メールでお知らせ。
上長は、いつでもどこにいても、あらゆる端末で日報内容を確認し、承認操作を行えます。

 
いかがですか?
オルカは誰にでも簡単です!